« 松本紀行 その③  | トップページ | 松本紀行 その⑤ 上高地散策 »

松本紀行 その④ 上高地へ

新島々駅から上高地へは路線バスで約1時間ほど。新島々から乗る人と、マイカーで行ける所まで行って、途中で乗りこむ人がいます。

新島々駅近辺の街並みも古い町並みでした。丸ポストなど消えてしまった昔の街並みがここには残っていました。そして少し走るともう山道です。圧倒的な緑と深い谷、流れる清流。新島々駅までの景色はちょっと田舎を走ればよく見る風景でしたが、バスからの眺めはこれを見れただけでも十分価値ありというものでした。たとえ、上高地が雨でも満足って思いながら車窓からの景色を眺めていました。

途中で珍しいトンネルがありました。

Imgp68621

入口がひとつで出口が2つ。つまりトンネルの途中で道が分岐しているトンネル。危なくないのかなー。

飛騨高山へ抜ける道があるので、かなり上の方まで一般車をみましたが、いよいよマイカー制限エリアに入ります。かなり急勾配のトンネルを長く昇った先は上高地。

Img_10771

なんと雪がまだ残っています。軽装すぎたかなと少し後悔。でもバスから降りてみると、思ったほど寒くなく、そして雨も降っておらず、ちょうどよい気候。ただし、雲に覆われているので穂高連峰の絶景は残念ながら裾野がちらっと見える程度。

終点上高地まで行かず、停留所で2つ手前の大正池で降ります。そこから自然遊歩道を1時間ほど歩いて、河童橋に向かいます。

Img_10551

大正池にはちょうど修学旅行生が大量にいて、記念撮影を順番にとっていました。それを避けて、足早にその場を抜け、修学旅行生に追いつかれないように先を急ぎました。振り返ると、大正池エリアが一番雰囲気がよく、またその時間帯だけ一瞬雲が切れて、山が少し見えていました。ちょっと惜しかったです。

Img_10571

そこから自然遊歩道でトレッキング開始。上高地は登山ではなく高地の平地を歩いて行くので、案外気軽に歩けるコースでした。

Imgp68721

老人から子供まで歩いていました。また私のようにあまり準備なく軽装でも大正池から河童橋あたりまでの1時間コース程度なら問題なしです。一応、モンベルの靴や雨用ジャンパーや帽子など上から下までモンベル用品で固めてはいました。かばんがリュックでなかったのが悔やまれました。(仕事で来ているのでさすがにそこまで荷物を整えられませんでした・・・)

|

« 松本紀行 その③  | トップページ | 松本紀行 その⑤ 上高地散策 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/51798925

この記事へのトラックバック一覧です: 松本紀行 その④ 上高地へ:

« 松本紀行 その③  | トップページ | 松本紀行 その⑤ 上高地散策 »