« 松本紀行 その⑥ 松本市内散策 | トップページ | 松本紀行 おまけ① レトロシーン »

松本紀行 その⑦

朝から、コンビニおにぎりとお焼きをつまんだりでまともに食事をしていませんでした。そこで、信州に来たらおそばを食べねばということで、旧開智学校の人に聞いてみました。とても丁寧にいろいろお店をおしえていただきました。残念ながらおすすめいただいたお店は午後の休憩の時間帯でやってなくて、松本城近くの“やまとうや”へ。美味しかったです。

Img_10961

そばはさっぱり系の白いおそば。私好みのおそばでした。
副菜でついていた自家製しょうゆ漬け大根も美味しくてお土産にも買って帰りました。

Img_10971

お店の中にあった、このシカの木像。こんなシカをバスの中からみました。かなり街の方へ降りて来てからでした。ジブリのもののけ姫のシシ神様のような雰囲気でした。一瞬上半身をみただけなので、よけいに印象的で目に焼きつきました。すぐに“ジブリの世界!”って思いました。

その後、自転車でお昼のお城を抜け、

Img_10991

自転車をかえして、駅へ向かいました。駅でお土産物色です。おやき、そば、そして、おひさまでホットになっている水飴。おひさまのモデルになっている飴屋さんがあるようで、そのお店の水飴を買ってみました。

Img_11011

新ばし飴。たっぷり入った水飴が500円。お安いです。そしてこの水飴の売りは砂糖を一切使っていないこと。以下、お店のHPから紹介文を引用します。
“新橋屋の水飴はたった2種類の原材料で作られているのです! 「お米」と「麦芽」です。あとは松本のおいしい水。この水飴が純米飴です。純米飴が新橋屋で製造されているすべての飴の元になっています。添加物の含まれない米飴(水飴)はマクロビオティックの料理での甘味にも使われているそうです。(米飴はもち米を麦芽で糖化して作ります。麦芽水飴とも呼ばれます)
皇太子ご夫妻に選んでいただきました
以前安曇野市で行われた「みどりの愛護」に参加された皇太子ご夫妻より純米飴のご注文をいただきました。”

Img_11271

にこ “あたしへのお土産は?”
ごめん、今回はありません。

松本1日観光。たっぷり2日分くらい満喫できました。上高地は屋久島と同じで何度訪れても楽しそうな場所です。にこを連れて行けないのでそう気軽にいけそうもありませんが、また行ってみたい場所ができました。

|

« 松本紀行 その⑥ 松本市内散策 | トップページ | 松本紀行 おまけ① レトロシーン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/51799589

この記事へのトラックバック一覧です: 松本紀行 その⑦:

« 松本紀行 その⑥ 松本市内散策 | トップページ | 松本紀行 おまけ① レトロシーン »