« 松本紀行 その②夜の景色 | トップページ | 松本紀行 その④ 上高地へ »

松本紀行 その③ 

雨の予報にすっかり上高地行きを諦め、松本市内散策やる気満々で朝5時半に起きました。外を見ると雨は降っていません。朝の予報を見ると、松本は9時と12時は曇りマーク、15時以降が雨マークでした。この時点でもまだ松本観光のつもりでした。上高地は山なのできっともっと天気悪いだろうし、あっちは雨だろうなーって思ってました。

6時半にはチェックアウトして駅のコインロッカーの中に荷物を納めます。が、ここで問題が。松本観光は無料の自転車かタウンスニーカーという市内周遊バスの乗り放題かどちらかにと思っていましたが、どちらも9時以降でないと動きだしません。さらに、市内観光と言っても施設が開くのもどこも9時以降。お城近辺は昨日の夜散策してしまったし。。。これから3時間弱、どうしようって状態でした。

そこで、安曇野か上高地に行く途中までの松本電鉄上高地線に乗って、少し信州の雰囲気を味わおう、そして少しだけ散策して9時頃松本に戻ってこようというプランに変更。ホントは安曇野に行きたかったのですが、電車の時間の関係で7時16分発の上高地線新島々行きに飛び乗りました。

Imgp68471

ワンマンの2両編成の電車。中には上高地に向かう人の姿がちらほら見えます。新島々駅に着くまでにまたいろいろ思い巡らせてました。ここまで来たなら・・・と、無性に上高地に行きたくなってきたのです。終点に到着する頃にはすっかり気持ちは上高地行きに変わっていました。チケットを終点で上高地までの往復のお得なチケットに変更してもらいました。ただ、私の乗った電車は上高地行きのバスとのつなぎがわるく、50分ほど新島々駅で待たねばなりません。何も観光する場所などなさそうな駅でした。駅員さんにこのあたりでいい場所は?と尋ねると、“あのあたりの細い道を入っていくと梓川につきあたります”ってアドバイスを受け、行ってみました。

Imgp68511

気持ちのよい場所でした。
旭川の河川敷のような雰囲気ですが、水の透明度は圧倒的に梓川の勝ちです。河川敷に座って朝ごはんタイム。松本駅で買った野沢菜おにぎりを気持ちのよい風に吹かれながら食べました。

Img_10541

朝ごはんの後は、川沿い散策、そして駅舎へもどりました。新島々駅の向かいに旧駅舎がありました。これまた趣のある建物です。

Img_10521

そして、もうひとつとっても印象に残るものが・・・。

Imgp68501

夏の行楽シーズンに入ると、このあたりに市でもたつのでしょうか。そして、台湾、中国、韓国からの団体旅行客がきっと多く立ち寄るのでしょう。この看板(?)はちょっとこの場の雰囲気にはいかがなものか、という感じでした。

|

« 松本紀行 その②夜の景色 | トップページ | 松本紀行 その④ 上高地へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/51797809

この記事へのトラックバック一覧です: 松本紀行 その③ :

« 松本紀行 その②夜の景色 | トップページ | 松本紀行 その④ 上高地へ »