« 大分・武雄温泉駅 | トップページ | 沖縄本島の旅② 山の茶屋 楽水 »

沖縄本島の旅① 南部観光

P10006311 

沖縄旅行です。
6/25~30まで。
今回のメーンイベントは
Beginの“うたのひカーニバル”への参加です。
25日夜入りで27日のうたのひカーニバルまでは
アパホテルの格安プランで那覇連泊です。
アパホテルの窓から泊港あたりの海が
眺められます。

26日は南部観光です。
P10006331
私は一度回ったことがあるのですが、
旦那さまが初めてなのでもう一度有名どころを周ります。
まずはひめゆりの塔。

記念館への入場は今回初めてでした。
印象に残るシーン、お話がいっぱいありました。

P10006361

次に玉泉洞。

夏でもひんやりしていることを期待しましたが、
この一番暑い季節には、期待ほどの涼しさでは
ありませんでした。
ここの鍾乳洞は大きくて幻想的です。

P10006411

玉泉洞を出た後はおきなわワールドへ。
まずはぶくぶく茶で一服。

P10006591

おきなわワールドはエイサー群舞が
圧巻です。
今回でここのエイサー群舞を見るのは
3度目ですが、何度見てもその勇ましさ、
かっこよさに惚れ惚れしてしまいます。

過去2回はカメラOKだったのですが、
恐らくカメラが前に出てきて
太鼓を振り回すエイサーの踊りとぶつかったらしく
今回はカメラ禁止になっていました。
ので、画像はありません。
相変わらず格好よかったです。

そして、ここではもうひとつとても気持ちよいことがありました。
6月の平日に行っているので、
修学旅行の高校生たちがたくさん来ていました。
私たち夫婦はギリギリに会場につき、
座る場所がないので、前の方の横に立って眺めていたら、
がっしりとした体格の男子高校生たちがさっと立って、
“どうぞ!”
って席を譲ってくれたのです。
そんな年寄りでもないし、立ってみる気満々でしたし、
前のとってもいい席で、きっと早くからとってたんだろうと思うし、
驚き、戸惑い、遠慮しましたが、
席の譲り方とても気持ちよく、
こちらが座ろうかと思わせるような譲り方だったので、
素直に“ありがとう!”って言って座らせてもらいました。
とても気持ちよい経験でした。

南部観光はこのほかに
私の好きなところで
斎場御嶽がありますが、
今回は時間の関係で観光よりも
美味しい和みスポットめぐりを優先したので、
パスしました。
斎場御嶽はかつて、営業担当者と
仕事でこのあたりを回っていたときに
一つ目のアポから次のアポまでの時間つなぎに
連れて行ってもらったところです。
静かな場所で、落ち着くところです。
最近はパワースポットとしても
注目されているようです。
また時間があるときには寄ってみたい場所です。

|

« 大分・武雄温泉駅 | トップページ | 沖縄本島の旅② 山の茶屋 楽水 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/45739263

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄本島の旅① 南部観光:

« 大分・武雄温泉駅 | トップページ | 沖縄本島の旅② 山の茶屋 楽水 »