« 安芸の宮島風物詩~桜としかと揚げもみじ | トップページ | 御神幸 »

錦帯橋と桜

Img_7011

雨の中の桜名所めぐり、
次は山口県岩国の錦帯橋へ。


こちらは記憶の彼方、
小学校時代の家族旅行で
確か行っているはず。
何十年ぶりかの再訪です。

宮島はひたすら観光地という感じでしたが、
錦帯橋の方は錦帯橋自体はやはりツアー客で溢れる
観光地でしたが、
錦帯橋のかかる一体の川原は見事な桜並木で
桜まつりが行われており、
地元の人たちが集まる桜の名所でした。
Img_7009

岡山でいう旭川沿いの桜カーニバルのような場所でした。
雨の中、橋の下でバーベキューするグループがいたり、
明日の場所取りのシートが広げられていました。


Img_6983

錦帯橋とさくら、
とっても絵になります。

Img_6992

この雨の中でも橋の上は傘の波。
晴れていたらどうなっていたのでしょう。
ツアーバスのガイドさん曰く、
晴れていたらインターおりてから大渋滞で
車がほとんど動かないそうです。

Img_6988

大正時代に錦帯橋を作った人、
なぜこんなに渡りにくい橋を作ったのでしょうね。
正直、雨の中渡るのは滑りそうで怖かったです。
晴れていてもお年寄りや子どもには危ない橋でしょう。
渡ることよりも、眺めること重視の設計です。
約1世紀後の世で、
こんなにツアーバスが押し寄せる
観光地になっているなんてことは
考えもしなかったでしょうが
先見の明がありますね。
最近の観光地で付け焼刃の改築を見ると
考えさせられます。
行政の財政難で、難しいのでしょうが。。。

|

« 安芸の宮島風物詩~桜としかと揚げもみじ | トップページ | 御神幸 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/44576875

この記事へのトラックバック一覧です: 錦帯橋と桜:

« 安芸の宮島風物詩~桜としかと揚げもみじ | トップページ | 御神幸 »