« さぬきうどん巡り“長田in香の香” | トップページ | 週末のお花見風景 »

へんこつや

Img_6801

こんぴらさんお参りの途中に寄った老舗和菓子屋さん。
店内で甘味を食べることもでき、
栗ぜんざい(650円)と
へんこつまんじゅうと栗ようかんにお抹茶のセット(650円)を
注文して、奥のお好きな部屋へと促され、歩みを進めます。

Img_6809

事前にとても印象的な部屋があるという情報を得ていたので
目当ての部屋を目指します。
1階奥に見つけました。

Img_6806

そのお部屋には、訪れた人が思い思いに半紙に書いた習字が
壁や天井いっぱいにびっしり貼られているのです。
お菓子を食べるのに使った楊枝で天井や壁に突き刺してあります。
長年の積み重ねで下の方や天井にはすっかり黄色く変色したものもあり、
日付は昭和のものでした。
不思議な雰囲気を通り越して、ちょっと異様な雰囲気でもあります。。。
その1枚1枚眺めながら、一服です。
うどんめぐりの途中で来たらしい習字もあります。
人生のつぶやきもあり、奥深い空間です。

Img_6808

ほとんどお客さんがいなかったので、
2階も見学です。
登録有形文化財に指定されるようなお店で
お店のあちこちに歴史を感じるものがあります。
明治時代の借用証書が額縁に入って飾られています。
店舗全体が独特の雰囲気です。

Img_6802

お店の人もあまりお客をかまわず放っておいてくれるので
自由にくつろぐことができ、
明治時代にタイムスリップしたような
不思議な気持ちになる空間でした。

Img_6812


Img_6813

|

« さぬきうどん巡り“長田in香の香” | トップページ | 週末のお花見風景 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/44504829

この記事へのトラックバック一覧です: へんこつや:

« さぬきうどん巡り“長田in香の香” | トップページ | 週末のお花見風景 »