« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ローズマリー発見

Img_6868

花壇の手入れをしていて
立派に育っているローズマリーを発見しました。

ラベンダーらしき、大きなハーブの存在は知っていましたが
ローズマリーは他の庭木と絡み合うように育っていて
気付いていませんでした。

庭木の枯れ枝を整理しながら
“あれっ、これローズマリー?”
って気付きました。

ローズマリーは去年の秋、友人からいただいたものを
水にさし、根が出てきたものを鉢植えし、
2苗冬越えして育っていたので
それを花壇に植えようと楽しみにしてました。
でも、こんな大きな立派なローズマリーがあるなら
そのまま鉢でベランダガーデニングで育てることにします。

花壇はまだまだいろいろな発見があり
この先、何が育ってくるか楽しみです。

Img_6866

花壇のお花を切って洗面に飾ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のお花見風景

Img_6858

週末の後楽園の光景です。
まだまだ桜は5~6分咲き程度ですが、
多くの人が後楽園に来ていました。

後楽園の近くに引っ越したので
家にいても後楽園の駐車場満車のアナウンスが
聞こえてきます。
それだけの人が集まっているのかと思うと
居ても立ってもいられず、
ひとまずお昼ごはんを持って後楽園へ
いそいそと出かけていきました。

Img_6857

こちらは、石山公園のしだれ桜。

Img_6869
8分咲きくらいまできていました。


そして、県庁の醍醐桜。
Img_6871

こちらはソメイヨシノよりずっと早く、
県庁の醍醐桜はもう葉桜になってきていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へんこつや

Img_6801

こんぴらさんお参りの途中に寄った老舗和菓子屋さん。
店内で甘味を食べることもでき、
栗ぜんざい(650円)と
へんこつまんじゅうと栗ようかんにお抹茶のセット(650円)を
注文して、奥のお好きな部屋へと促され、歩みを進めます。

Img_6809

事前にとても印象的な部屋があるという情報を得ていたので
目当ての部屋を目指します。
1階奥に見つけました。

Img_6806

そのお部屋には、訪れた人が思い思いに半紙に書いた習字が
壁や天井いっぱいにびっしり貼られているのです。
お菓子を食べるのに使った楊枝で天井や壁に突き刺してあります。
長年の積み重ねで下の方や天井にはすっかり黄色く変色したものもあり、
日付は昭和のものでした。
不思議な雰囲気を通り越して、ちょっと異様な雰囲気でもあります。。。
その1枚1枚眺めながら、一服です。
うどんめぐりの途中で来たらしい習字もあります。
人生のつぶやきもあり、奥深い空間です。

Img_6808

ほとんどお客さんがいなかったので、
2階も見学です。
登録有形文化財に指定されるようなお店で
お店のあちこちに歴史を感じるものがあります。
明治時代の借用証書が額縁に入って飾られています。
店舗全体が独特の雰囲気です。

Img_6802

お店の人もあまりお客をかまわず放っておいてくれるので
自由にくつろぐことができ、
明治時代にタイムスリップしたような
不思議な気持ちになる空間でした。

Img_6812


Img_6813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“長田in香の香”

Img_6841

Img_6842

今日最後の6軒目は“長田in香の香”。
釜あげうどんが売りの一般店です。
一般店だから遅い時間でもやっています。

さぬきうどん巡りでは午前中は製麺所型のお店を巡り、
午後遅めの時間は一般店の有名どころを入れると
一日でかなりの数のうどん店を巡ることができます。
とはいえ、お腹との相談にはなりますが。。。

Img_6843

釜あげうどんが売りのお店なので
当然、釜あげ小(250円)を注文します。

ほどなく釜あげうどんが出てきます。
大人数でたらいの釜あげを頼むと
雰囲気はでます。
6軒目の私たちにはとてもたらいを頼む
お腹のゆとりはないので、
ちいさな丼に入って出てきました。

Img_6846

ここは釜あげのダシが有名です。
重い徳利に入って出てきて
徳利は熱いので持つことはできず
注ぐのにコツがいります。
たまたま通りかかったお店の人に教えてもらい
写真のように机に手伝ってもらいながら
ダシを注ぎます。

Img_6845

釜あげうどんというのは
うどんを大釜でゆでたあと、
通常は冷水で麺をひきしめるのですが、
それをせずにそのまま釜のゆで汁とともに出され
つけダシで食べるうどんです。
冷水で洗わないので打ち粉がついたままの
ヌルヌル感が表面に残っています。

“長田in香の香”は釜あげではピカイチの評判なのですが、
麺のかどが立っていて、弾力のある歯ごたえが好みの
私には釜あげのよさがいまひとつ理解できず、
最後は不完全燃焼気味でした。

うどんのどの部分に魅かれるかは人それぞれなので
魅かれるうどん店もそれぞれです。
今日は一日でこれだけのうどん店をまわり
これだけうどんの麺にも違いがあることが
わかっただけで十分楽しめました。

たかがうどん、されどうどん
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“やまうち”

Img_6833

こんぴらさん詣でで約2時間ほど時間をつぶし
今日の5軒目、“やまうち”へ。

麺通団の紹介では
そのロケーションの怪しさは県下有数で
発見しただけで感動がある
と表現されてます。

ナビがあるからこそ、不安にならずに辿りつけますが、
ないと不安になるロケーションでした。
あと、今日は多くのさぬきうどん巡りの車が走っているので
同じ方向に向かう県外ナンバーに着いていくと
行きたいお店に案内してくれます。
あちこちのお店で何度も同じ車を見かけました。

山間部の田舎道の最後は細い上り坂をあがると
竹薮に囲まれた“やまうち”が視界に現れます。

Img_6835

店の脇には大量の薪が積み上げられ、
店の中から人が出てきて2~3本取っていく姿が
見えました。薪の火でうどんをゆでているようです。
その外観、趣き、ロケーションでは
今日イチです。


着いたのは3時前。
こんな山奥でしかももう3時というのに
結構な行列ができています。
なんと驚いたことに
観光バスが1台止まっていました。
さぬきうどん巡りのツアーバスのようです。
私たちがついて外に並んでいるときに
バスは動いていきましたので
ちょうど入れ替わりでした。

Img_6834

“やまうち”も“宮武”系列の麺らしいので
ここでの注文も私はひやひや小(200円)。
旦那様のあつあつ小(200円)と食べ比べしました。
どちらも麺が太くて、歯ごたえ十分の
“宮武”の麺と同じでした。
“やまうち”も大満足でした。

Img_6836

時間が遅かったので天ぷらはなくなっていて、
食べ終わったときに、物足りなさを感じたので、
さらに勢いでもう1軒行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“宮武”

Img_6794

午前中4軒目。
もう列の長さにそれほど驚きません。

Img_6800

Img_6795 

お店の前に20人弱座れるベンチがあり
店内がある程度空いてくると
ベンチに座った人が一斉にお店の中に入るという流れです。

お昼も近く、4軒目で身体も胃も温まってきたので
ここではひやひや小(250円)とちくわ天を頼みました。

Img_6798

麺はひと口食べて“sign02
ちょっとねじれた太め麺がガシ、ガシっとひと噛みごとに
存在感をアピールします。
ひやひやなのでさらに強調されます。
“美味しいnote
旦那さまの頼んだちくわ天もひと口お裾分け。
これまた“美味しいnote

Img_6799


そろそろお腹がどうかなーってタイミングでしたが、
今日イチの美味しさに
あっという間にツルンと平らげてしまいました。
お腹いっぱいどころか、
物足りないくらいでした。

どうやら私のうどんの好みは
麺の滑らかさやのどごしといったことよりも
太くてしっかりとした弾力性にあるようで、
その好みにぴったりはまったのが
ここ“宮武”の麺でした。
ここはぜひまた来たい1軒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“なかむら”

Img_6791

3軒目は“なかむら”へ。
お店の目印は入り口に立つこいのぼりです。

Img_6792

通称“讃岐富士”飯野山が
きれいに見えるロケーションです。

Img_6784

“なかむら”に着いたのが10時過ぎ。
とうとうここでは駐車場に入ることができず、
私一人先に車を降りて、お店の列に並んで
旦那さまが車を止めて合流するのを待ちます。

かつてはお客さんがお店の裏のネギを取ってきて
自分で刻んでうどんに入れるという伝説を持つ製麺所。
“山越”ほどの列の長さではなかったのですが、
“山越”ほどシステマティックにはなっておらず、
今日一番の待ち時間の場所になりました。
朝から連続の3軒目だったので
ちょうどよい休憩にはなりました。

車のアプローチと場所によっては
駐車場に止めるのが難しく、
難易度の高い1軒でした。

Img_6787

かなり待って頼んだのは
ひやあつ小(150円)。

Img_6788

麺が珍しく柔らかいのですが、
コシはしっかりとあり、
不思議な食感の麺でした。
麺通団が“グミキャンディーのような麺”
という表現を使っていましたが、
まさにそんな感じでした。
さぬきうどんの麺の新たな一面を
見せてもらった製麺所でした。

午前中3軒目でしたが、
まだまだいけそうな感じでしたので、
そのままの勢いで4軒目へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“山越”

Img_6778

2軒目の“山越”。
さぬきうどん巡りでは欠かせない超定番の1軒です。
予想を裏切らず、いえ、想像以上の長蛇の列でした。
“山越”はさぬきうどんめぐりに来るたびに訪れていますが、
ここまでの列の長さは初めての経験です。
9時の段階で“山越”に3つある駐車場の1つは人の列用に
ふさがれ、残り2つはすでに満車で、少し離れた場所にある
臨時駐車場にまわされました。

Img_6783

やはり“恐るべし、さぬきうどん”です。
今、この状態なら
映画『Udon』が上映された頃はどうだったんでしょうね。

私たちが並んだ9時過ぎ、
見る見るうちに列が伸びていきました。
うどんにたどり着くまで30分ほど。
列の長さのわりに回転は早いです。

Img_6780

初めて来たのはもう10年以上前。
お店の案内版や奥の広い中庭スペースは
以前はありませんでした。
中にはさらにお土産コーナーや
ソフトクリームまで売っています。
かなり様子が変わっており、
観光地化されてしまったなって
少し複雑な気持ちにもなります。。。

Img_6776

やはりここで頼むのは
もちろん、かまたま小(200円)。

Img_6781

麺はほどよいコシがあり、
太さは“がもう”よりも太め。
うどんの熱で半分固まり始めた卵が
よい感じでからんできます。
美味しいです。

ただ、“山越”は初めて来た時に
かなりの感動と衝撃を経験しており、
その後、それを感じられていないのが残念です。
なんとなく昔の味を追い求める中、
美化されすぎているのかもしれません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り“がもう”

Img_6768

岡山を7時に出て、がもうに着いたのが8時5分頃。
8時半からの営業なので一番乗りくらいでは?
なんて暢気に思っていたら
すでに駐車場はほぼ満車状態で
長い列ができていました。

Img_6772

驚きです。
ここで今日一日の讃岐うどんめぐりは
一筋縄ではいかないだろうと
気を引き締まるとともに、ワクワクした気持ちになります。

Img_6774

のどかな田園風景の中、
お店の中の席よりも立ってでも
外で食べたくなるロケーションです。
みんな駐車場の方まで進出して
外で食べています。

Img_6770

スタートはかけ小(130円)から。
朝の冷えた空気の中、身体の中から温まります。

Img_6771

麺はほどほどのコシで、
それほど太くないのでのどごしよく
口の中に滑り込んできます。


“がもう”を出たのが8時半頃。
“がもう”の長蛇を見て、
すぐ近くにあるもう1軒“田村”を飛ばして
“山越”へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん巡り!

さぬきうどん巡り行ってきました。
瀬戸大橋料金週末1000円を活用して。

Img_6854

前々から行きたいと思っていたのですが、
瀬戸大橋の通行料が高いので、
マリンライナーで渡って坂出でレンタカーしてと計画しつつ、
面倒でなかなか行動に移せないでいたのでした。

さぬきうどん巡りは私は今回で4回目。
毎回うどん巡りが初めての人と行くので(今回は旦那さまと)
何度か行っているけど
やはり外せない定番、王道の有名どころを周りました。

製麺所巡りが中心です。
朝早くから開いていて、
そして早いところは麺がなくなれば
お昼過ぎに閉まります。
朝、6時前に起きて、バナナ1本食べて出発です。

出発前にピックアップしていたうどん屋さんは
がもう、田村、山越、やまうち、宮武、なかむら
営業時間と距離を考えて
このうち4つくらいに行けたらいいなと考えてました。
ひとまずスタートは朝8時半から開いている
がもうからと決めてスタートしました。

1軒1軒のお店の様子はそれぞれアップしますので、
ひとまず今日一日の流れを記録します。

朝8時半オープンの“がもう”に8時5分頃着いたら、
すでに長蛇の列。もうオープンしていました。
スタートから今日1日、すごいことになりそうという予感がします。

1軒目の“がもう”の長蛇の列を見て、
2軒目はさぬきうどん巡りの総本山的カリスマ店(麺通団の表現です)
“山越”へ直行。9時オープンですが、9時頃着いたとき
すでに“がもう”の4倍くらいの長蛇の列でこちらも
もう営業開始していました。
3軒目は“なかむら”へ。
4軒目は“宮武”へ。
スタートが早かったのと、すべて小を頼んで
天ぷらなどつけなかったので
時間とお腹に余裕があり、
午前中で4軒も巡りました。

お昼は腹ごなしにこんぴらさんへ。
でも、ここでも腹ごなしといいながら
麺通団のさぬきうどんのめぐり方
に掲載されてた“へんこつや”に行ってしまいました。

へんこつやの甘味で一服してから、こんぴらさんへ。
多くの人が来ていました。
朝から中讃のうどん巡りをしている人たちの
お昼の休憩(休憩にしてはハードですが・・・)スポットになっています。
200段くらい上がったところから少しずつ辛くなります。
途中からは無口になり、同じペースを崩さず
黙々と昇り続けます。

Img_6823

途中、桜がかなり開花していて、
きれいな桜並木になっていました。

Img_6822

いい運動になりました。
で、小汗をかいて、身体が温かくなったのと、
午後はあと1軒だけ寄って帰るつもりだったのもあって
下に降りたところでソフトクリームを
食べてしまいました。
焼き芋ソフトです。
へんこつやとこの焼き芋ソフトで
結局、お腹を休めることにはなりませんでした。
甘いものは別腹です。coldsweats01

Img_6831

その後、“やまうち”へ。
とてもおいしくてツルンと食べてしまったため、
最後にもう1軒、瀬戸大橋方面にある
“長田in香の香”へ。
最終的にはなんと1日6軒も巡ってしまいましたsign03

1杯130円~高くても250円までで、
量も少なく、おやつ感覚で食べれるので
こんなに食べれるのかなーと思いながらも
なかなかいけるものです。
胃が少し疲れてきた頃に
美味しい麺に出会うと勢いがつき、
また次の1軒へと気持ちが向かうのです。

Img_6838

6軒のうどんやさんで総額1180円
6軒巡っても通常の外食1回分くらいの安さです。
途中で食べた甘味とソフトクリームで950円
瀬戸大橋往復で2000円
一日経済的moneybagに遊べました。

また第2弾も考えたいです。



Img_6851

Img_6850

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブーゲンビリアが元気!

Img_6747

ブーゲンビリアが初めて正しく
春に苞(花)をたくさん着けました。
いつも春は葉ばかりが茂って、
苞(花)が着くのは寒くなってからでした。
何か育て方がうまくなくてそうなってたんだと思います。

今回引越して、日当たりがよくなり、
植物にとっては一番力になる朝陽があたる環境です。
それが植物たちにはきっとよいのでしょうね。

これから春から夏にかけて植物が元気に育ってくれそうです。note

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花壇の草花たち

Img_6757

新しいお家には小さな細長い花壇tulipbudがあります。

Img_6762

前の住人がいろいろと草木を植えていたようです。
暖かくなりいろいろな芽吹きが始まっています。

Img_6753

千両、みょうが、せり、さきわけそう、芍薬、アジュガ(十二単)、
ラベンダー、ローズマリー、みかんの木
以上が前のオーナーから聞いた庭の草木たち。

Img_6758

今、庭にはこんな草花が咲き始めています。
Img_6764

名前と写真が結びつきません。。。coldsweats01
少しずつ調べていこうと思います。sweat01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

曹源寺と妙林寺のしだれ桜

Img_4056

サタケに行く前、朝一番に曹源寺へ。
しだれ桜が満開でした。


Img_6712

見事でした。


そしてサタケの帰りは妙林寺へ。
こちらもしだれ桜が満開でした。

Img_6738

Img_6741

このしだれ桜を皮切りに、
ソメイヨシノの満開cherryblossomcherryblossomcherryblossomシーズンに突入します。
今日はとっても風が冷たくて
まだまだお花見気分とまではいきませんでしたが、
これから2週間ほど、楽しみです。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉備中央のオーガニックレストランで  その2

(続き)

Img_4080_1

5.3月のサラダ
サタケのメインディッシュはその時期ごとの旬の
オーガニック野菜の盛り合わせプレートです。
今回はチコリ、赤チコリ、ダンディリオン、紅芯大根、紫のかいわれ
トレビスのベビーリーフなど全部で13種類のお野菜の盛り合わせでした。

Img_6731
6.スフレ・オウ・グランマニエ
いつもはおまかせの定番コースをいただくのですが、
今回は結婚記念日用に特別にお願いして作っていただきました。
かなりの手間隙をかけていただくのでとても申し訳ないのですが
口の中でとろける食感、控えめの甘み、なにもかもが特別で
やはり特別な日にぴったりなので頼み込んで作っていただきました。
他では経験したことのない夢見心地になれるお味でした。note



幸せな時間を過ごせました。heart01

ここに来るといつも、圧倒的な自然の中で
身体にいいものいただいて、
身体の外からも中からも癒されます。

外の畑はこれから成長してくるお野菜の苗が
いっぱいありました。
畑はこれからが本番です。

Img_6722

温室の中に野鳥シロハラが入り込んで
飛び回っていました。
いつも暖かい温室の中に入ってきては
虫を啄ばんでいるらしいです。



Img_6723

畑の大きな木には手作りの巣箱がいっぱいかかっています。
鳥の餌台も設置されていて、
たくさんの野鳥が訪れる場所になっています。



Img_6721

畑には名前もほとんど聞いたことのない
西洋野菜が鮮やかな瑞々しい色で育っています。



これからが旬のお野菜が次々と登場する季節です。
帰りにGWの予約も入れてしまいました。
楽しみです。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉備中央のオーガニックレストランで  その1

Ca390480

結婚記念日に久々に行って来ました。
吉備中央のオーガニックレストランサタケ。

記念日ですと伝えていたので、
最初にお庭の花で作った花束をいただきました。happy01
いろいろな種類の水仙と紫大根花の花束でした。


山の畑の本日のメニュー

Img_6725_2
1.早春のオードブル一品
季節のお野菜(バルブ・ド・カピュサン、マーシュ、セルフィーユ、つくし)、
そして自家製燻製のハム

Img_6726
2.パースニップ(白い人参)のスープ

Img_6727
3.吉備高原地鶏のステーキ・レホール添え
副菜はカタロニアダンディリオン、人参いろいろ、菜の花



Img_4076_1

4.吉田牧場カチョカバロとジャガイモのグリル
カチョカバロチーズをのせてグリルしたての
ジャガイモをサーブされるサタケさんご夫婦。

Img_6728



(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグプッチンプリン

Img_6683

前から気になってた
プッチンプリンのビッグサイズを
とうとう買ってしまいました。note
普通のプリンの大きさと比べると
4倍くらいの大きさでしょうか。

Img_6685

わくわくする大きさです。
この大きいのをプッチンするは
さらにワクワクします。heart02

Img_6686

器から出すと崩れるかと思うくらい
横に広がってきました。

Img_6688_2

たっぷり4倍分のボリュームです。
味はプッチンプリンと同じです。
ちょっとしたイベントに使えそうです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

46型テレビで侍ジャパン!

Img_6697

我が家に今どきの
薄型TVがやってきました。note
しかも46型sign03
大きいです。
テレビ台は前のテレビの台をそのまま使ってます。
前のテレビは、テレビ台の幅そのままの大きさでした。
画面の大きさは前の数倍です。

Img_6698

Img_67001

大きな画面でWBCbaseball決勝戦を観戦。(今日はお休みnoteなのです)
臨場感溢れます。
先行しては追いつかれと
手に汗握る展開で、sweat01
9回裏に追いつかれたときはもうダメだと思い、
それまで熱心に見てたのを
片付けなどしながらのながら見にチェンジ。

Img_67011

Img_67021

そしたら、10回表のイチローの2点タイムリーsign03
やっぱり最後はイチローでした。
興奮しました。happy02







 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅前広場の緑化フェア

Img_6675

駅に行ってみたら
駅前も緑化フェアできれいな花壇ができてました。

Img_6674

晩ご飯は天満屋北海道フェアで買ったお寿司です。

Img_6676

Img_6678

このほか、じゃが豚の冷凍を3パック購入。
夕方に買う気満々で行くと、次々と試食が差し出され
それだけで十分お腹いっぱいになります。
美味しいお弁当買って食べようと思っているのに
“試食だけでお腹いっぱいになるよ~”
って思いつつ差し出される試食を食べてました。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

備前焼の表札

引越しもようやく落ち着いてきました。
後楽園すぐ近くの生活がとても気に入り、
後楽園近くの物件を入手しました。

Img_66171

家の表札を備前焼で作りました。
備前焼の表札を作っている備前の窯元備洲窯を訪問して選びました。

Img_6424

岡山から車で30~40分ほどの場所。
ネットでも注文できるのですが、実際に現物確認してみたくて
店舗を訪ねてみました。

Img_6421

Img_6417

Img_6413 

正解でした。
ネットよりかなり金額が安く、
また、ネットには出ていない特別仕様のものがあり
ネットにはない形、サイズの表札を選びました。

出来上がって届いた表札はとても満足のいくものでした。
やはり備前焼の焼きのいい色が出ていて趣のある表札になりました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山も桜開花

Img_3990_1

今日、後楽園に行ったら桜が開花していました。
後楽園の中にある標準木はまだなので開花宣言されていませんが
いつも一番早く咲く後楽園外周の桜はもう3分咲きくらいです。
今週の暖かさで一気に開花したようです。

Img_3991_1

早速、お昼は近くの回転寿司でお持ち帰りをして
一番桜のそばのベンチで少し気の早いお花見ランチしました。
これからが楽しみです。


↓お弁当食べた場所のそばに咲いていた花
Img_3993_1

↓桜カーニバルの準備も着々と。
Img_6659

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第26回全国都市緑化おかやまフェア

Img_6670

今日から5月24日まで緑化フェアが岡山で開催されます。
メイン会場は西大寺なのでなかなか市内からは気軽に行けません。
サブ会場の後楽園をぐるっと見てきました。

Img_6672

それほど何か趣向を凝らしているわけではなく
少し特別な花壇ができている程度でした。
夜間ライトアップや菊祭りの時の方が華やかな印象です。

Img_6671

岡山城の前に桃太郎のストーリーの箱庭ができてました。
Img_4000_1 

緑化フェアに向けてずっと工事していた
水辺の回廊も完成しました。

Img_6666_2

Img_6665


| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越し準備

今週末引っ越します。
今住んでいるところからほんの10分ほどの場所です。
後楽園そばの環境が気に入り、ここから離れられません。

通勤途中に少しずつ荷入れし、
週末も車で往復し、自力で運べるものは
ほとんど運んでいます。
今、我が家に残っているのは日々使うものと
自力で動かせない大物か重たい本たちです。

近くですが、新たな環境での新生活、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶴屋八幡の百楽

Img_6602

鶴屋八幡のもなか、百楽をいただきました。

Img_6603

つぶ餡とこし餡があるのですが、
どちらも餡が美味しい。
こし餡はどちらかというと好みではないのですが、
つぶ餡よりも美味しいかもって思う美味しさでした。

老舗の和菓子やさんのこだわりが感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後楽園の梅

Img_6587

ここのところ、週末が連続で仕事でつぶれていて
息抜きできてないので、今日は出張帰りで疲れていましたが、
帰ってすぐにお弁当持って後楽園に和みに行きました。

Img_6592

梅が満開でした。
今日は一昨日雪が降っていたとは思えない小春日和。
後楽園の芝生にシートを広げてお弁当食べる人が
結構いました。

Img_6591

後楽園の外、桜並木の桜の老齢化の問題、
去年あたりからいろいろな支援が始まっていますが
今年はこんな案内が桜並木に立ちました。
地元の幼稚園の園児たちの作品です。

Img_6596

Img_6598

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出張中のお昼ご飯

Ts3j0001

東京は羽田空港でまたお蕎麦です。
とろろ飯と蕎麦のセット。

Ts3j0002

博多ではめんたいこ屋福太郎の経営する
お食事処でめんたいおにぎりとチャンポン。


夜は連日接待です。
博多の夜は2軒目に長浜ラーメン屋台に行きました。
こういう場所が接待で使えること自体新鮮でした。
博多では普通のことのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »