« 山賊焼:若鶏のモモ肉初体験 | トップページ | 東京出張 »

CDA1次試験対策 その1

CDA1次試験対策勉強法を残しておきます。

他の人のブログを読んで私も参考にさせていただいたので。

pencil

私は現在第27回の受験生です。

会社の後輩2名がちょうど1年前の回を受験しており、

その後輩からのアドバイスや支援を全面的に受けました。

pencil

まず講座申し込みを決意した今年の1月。

後輩たちから自分たちの受験時に集めた過去問集や

自分たちでまとめた資料のデータをもらいました。

何も実感なく私はそのまま半年ほど寝かせてました。

pencil

2月にはテキストが届きました。

通学講座のスタートは4月末からスタートのコース。

それまでに3回の添削課題を2月、3月、4月と1ヶ月ごとに

取り組む予定でした。

が、心がけだけで、結局講座開講までに提出した添削課題は

1回分だけ。5月にまとめて2回分を提出。

pencil

さらに6月頃、後輩から

通学講座のまわりの人たちが、『ぜんぜんまだ勉強してません~』って

言うのを聞いて安心してたらダメですよ。もう始めてくださいね。”

って、本当に有難くも、厳しいアドバイスをいただく。

pencil

そろそろ手をつけようかと動き始めた7月頃から

後輩のメールでの問題出題が開始。

とっても簡単な問題数問がメールで送られてきます。

最初はまったく答えられないので、そのままお家でテキスト開いて

勉強して答えて返すというのを繰り返していました。

pencil

この資格試験を受けられる方は結構情報が少ない中、

ひとりでコツコツがんばられるケースが多いのですが、

私の場合は、身近に受験したてのホットな状態の先輩受験生がいたので

これはとっても有難かったです。

おかげで、常に一歩先を行く試験対策が進められていました。

身近に支援してくれる人がいるってことの

有難さをしみじみ実感しました。

|

« 山賊焼:若鶏のモモ肉初体験 | トップページ | 東京出張 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526772/43002015

この記事へのトラックバック一覧です: CDA1次試験対策 その1:

« 山賊焼:若鶏のモモ肉初体験 | トップページ | 東京出張 »